[PR]

 憲法解釈を変えて集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法案は、海外での武力行使を禁じた憲法に反するとの批判を受け続けた。安倍政権は過去の最高裁判決や政府解釈を挙げて反論したが、多くの憲法学者に加え、最高裁や内閣法制局の長官経験者も「違憲だ」「立憲主義に反する」と厳しく指摘した。立法の正当性を揺るが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも