[PR]

 19世紀初日の1801年1月1日、イタリア・パレルモ天文台のジウゼッペ・ピアッツィが、小惑星「ケレス」(フランス語読みで「セレス」)を発見しました。

 当初は「惑星」でしたが、近い軌道上に小さな固体の天体が次々に見つかり、19世紀半ばにはまとめて「小惑星」とされました。それでも、直径約950キロメ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも