[PR]

 ■Reライフ 人生充実

 母が自宅で転び、足の骨を折って手術をしました。退院するよう求められていますが、介護が必要なのに行く場所がなく、困っています。

 最近の病院は入院しても、手術などの治療が終わると早々に退院することを求められます。入院と同時に退院の相談が始まる場合もあります。高齢者が回復して、元の生活ができるようになるまで待ってはもらえないと、覚悟しておく必要があります。

 そうはいっても、有料老人ホームは高額です。病後で介護が必要な場合、「介護型」の有料老人ホームに入ることになりますが、大都市部では500万~700万円の一時金を支払っても、家賃、管理費、食費、サービス費と介護保険の自己負担分の合計で、1カ月に二十数万円かかるのが一般的です。入居一時金を払うことができなければ、これが35万~40万円程度になることもあります。

 有料老人ホームは経営者の考え方や職員の資質によって、サービス内容が大きく違います。慌てて決めると後悔することもあります。

 低い費用で入ることができる「特別養護老人ホーム」(特養)もありますが、今年度から要介護3以上が対象になりました。入居を待つ人も非常に多いので、順番待ちの手続きをして、リハビリをするための「老人保健施設」(老健)を探すのがいいでしょう。老健は有料老人ホームほどは高くありませんが、一般的には3カ月程度しかいられません。老健も順番待ちが多いので、並行して有料老人ホームも探しましょう。

 病院で退院の相談をすると老人ホームを紹介されることがあります。しかし、病院の紹介でも、頭から信じてはいけません。昨年、東京都北区の高齢者マンションで体をベッドに固定するなどの「拘束介護」が、朝日新聞の報道で発覚しましたが、病院の紹介で入った人も多くいました。病院には、高齢者施設の営業マンが出入りしていて、高齢者の退院を待ち構えています。病院の担当者は、そうした施設を見学もせずに紹介することがあるのです。

 病院が「紹介センター」を案内することもあります。紹介センターは、有料老人ホームを紹介してホームから紹介料を得て成り立っています。中には、有料老人ホームを経営している企業が、中立に見えるよう別会社で運営する営業部隊もあります。不動産業者が不動産仲介の延長で介護サービスを理解せずに運営していることもあります。高齢化が進み、要介護の高齢者が有料老人ホームを頼りにすることが増えました。紹介業者も増え、インターネットで私が確認しただけでも45の紹介サイトがありました。

 中には、有料老人ホームの特徴やサービス内容などを十分に調べずに、紹介料が高いホームを優先して紹介する業者もいます。病院や役所から紹介されただけで信じてはいけません。紹介センターを見極めるには(1)ホームの内容をきちんと把握しているか(2)何を根拠に紹介するのか(3)紹介する複数のホームの違いを説明できるか――に注意します。なによりも、実際にホームに足を運んで、自分の目で確かめることが大切です。

 老人ホームは、人生の終盤の何年かを過ごす大切な「自宅」です。業者でも病院でも、疑問があれば遠慮せずに確かめましょう。

 (「介護情報館」館長 中村寿美子)

 =全10回

 ◆ご意見やお読みになりたいテーマなどをメール(keizai@asahi.comメールする)にお寄せください。

 

こんなニュースも