[PR]

 ■Reライフ 人生充実

 有料老人ホームのパンフレットに、介護保険の負担額のほかに「上乗せ費用」が必要とあります。どういう負担ですか。なぜ、ホームによって金額に差があるのでしょう。

 有料老人ホームでかかる費用には、大きく分けて、家賃や食事など、日常生活を送るためのものと、介護サービスを受けるためのものがあります。介護サービスには国の介護保険が適用されていて、所得に応じて1割か2割の負担で利用できます。

 有料老人ホームで受けるサービスのすべてに介護保険からの支給があるわけではありません。要介護度に応じて認められるサービスは決まっています。それ以外にも職員が買い物や散歩などに同行してくれることもあります。こちらは介護保険の対象外で、全額自己負担になります。ホームによっては、あらかじめ「日常生活支援費」などの名目でまとめて支払ったり、その都度支払ったりする契約になっています。これを「横出し費用」といいます。

 介護保険が対象にするサービスにも基準があります。住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅は、自宅で介護を受けるのと同じで、要介護度に応じて月に受けられるサービスの上限額が決まっています(表1)。上限までは利用したサービスに応じて自己負担額が決まりますが、上限を超えてしまうこともあります。その場合、超えた分は全額自己負担になります。これを「上乗せ費用」といいます。要介護度が重くなると介護保険の上限額も上がります。でも、それ以上の介護が必要になって、上乗せや横出しで思わぬ負担を求められることがあります。

 介護付き有料老人ホームは介護サービスの多寡で費用が変わることはありません(表2)。ただ、やはり「上乗せ費用」を支払うことがあります。それは、国が定めた介護職員の数を上回る手厚い態勢をとっている場合です。国は入居者3人にたいして職員1人を配置するよう求めており、「3対1の介護」と言われます。これを2対1にすると、職員の数が多くなる分、人件費がかかります。この基準を超えてかかる費用は介護保険から出ないため、オーバーした費用の全額を入居者が負担します。

 上乗せ費用はホームごとに自由に決められます。同じ企業の介護付き有料老人ホームでも、上乗せ費用は様々です。「24時間看護師が常駐するホームの上乗せ費用は、1カ月9万7200円」「看護師が日中だけだと8万1千円」というように、サービス態勢に違いがあるためです。パンフレットの表示もさまざまで、管理費の中に上乗せ費用を含む場合もあれば、上乗せ費用として金額を設定して別枠に表示する場合もあります。さらに、上乗せ費用を入居時に一時金として前払いする方法もあります。上乗せ費用を注意深く確認することで、そのホームの介護態勢がわかります。

 私が知る中では、国の基準の2倍の職員がいる「1・5対1」のホームがありますが、そこは超高級有料老人ホームで、お金持ちしか入れません。もちろん、国の基準で運営していても、職員一人ひとりの介護能力が高くて満足できるサービスを提供しているホームもあります。これは、書面では分からないので、見学や体験入居で確かめることをお勧めします。

 (「介護情報館」館長 中村寿美子)

 =全10回

こんなニュースも