[PR]

 悲しみと寂しさを抱え、さまよい続けた俳人。その弱さは現代人の孤独を支える。

 〈分け入つても分け入つても青い山〉の句とともに、種田山頭火が「解くすべもない惑ひを背負うて、行乞(ぎょうこつ)流転の旅に出た」のは1926(大正15)年の春だった。43歳で俗世間を離れ、托鉢(たくはつ)姿で各地を放浪し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも