[PR]

 夜「阿古屋」が名品である。都五条坂の遊君、玉三郎の阿古屋は、平家の残党景清を恋人に持ちながら、行方は知らぬと言い張る。鎌倉幕府の代官、菊之助の重忠は彼女を堀川御所に召し出し、琴、三味線、胡弓(こきゅう)を演奏させる。音色を聞けば、嘘(うそ)をついているか否かが分かる。

 玉三郎はこのうえ疑うならい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも