[PR]

 ■元文部相

 《1984年になっても、雇用の男女平等のための法律をめぐる経営側と労働側の対立が続いていた。》

 募集や採用、昇進、昇格における男女差別の禁止について、経営側は義務にすべきではないと言い、労働側は義務でなければ意味がないと真っ向から対抗します。当時あった深夜労働などを制限する女性の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも