[PR]

 北海道の北に、かつては樺太、いまはサハリンと呼ばれる大きな島がある。現在はロシア領だが、南半分が日本領だった戦前は約40万人の日本人が住んでいた。

 その島の中央を東西に走る北緯50度が国境だった。

 かつて日本にも陸の国境があった。研究者らで作るNPO国境地域研究センターが現地を訪れる「国境観光…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも