[PR]

 イスラム過激派の動きがやまない。9・11同時多発テロから14年の今年、「イスラム国」(IS)が台頭し、仏紙「シャルリー・エブド」襲撃事件も起きた。「今のテロリストとその戦略は、かつてのアルカイダとは全く別だ」と、フランスの現代イスラム政治研究者ジル・ケペルさんは指摘する。パリの研究室に訪ねた。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも