[PR]

 ローマ・カトリック教会が、教義の根幹である「家族のあり方」を論じる世界代表司教会議は25日、3週間の議論を経て閉会した。教会がタブー視する同性愛者や離婚者に理解を示すフランシスコ法王に対して保守派が反発する中、教会の基本原則は維持されたが、柔軟な姿勢も一部取り入れられた。

 24日にまとめられた最…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも