[PR]

 南シナ海は、あらゆる国の船に対して通航の妨げのない、開かれた海でなくてはならない。

 それが、この海域をめぐる複雑な主権問題を考える際の出発点である。

 米海軍のイージス駆逐艦が、南シナ海スプラトリー(南沙)諸島のスビ礁と呼ばれる岩礁の近くの海を航行した。

 スビ礁は中国が実効支配し、大規模な埋め…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも