[PR]

 戦後70年の今年、韓国で日本の植民地支配下にあった時代を題材にした映画「暗殺」が大ヒットとなった。観客動員数約1270万人は歴代7位の記録で、国民の4人に1人が見た計算になる。今後も植民地時代の映画は続くという。なぜその時代が受けるのか。

 ■愛国心を刺激、対日協力者断罪

 1930年代のソウル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも