[PR]

 東芝は28日、不正会計問題の温床となった不採算事業の見直しの一環として、半導体事業のリストラ策を発表した。画像センサーなど一部事業をやめ、メモリーやパワー半導体などの成長事業に注力する。今後は赤字が大きい家電事業のリストラが焦点になる。

 東芝の半導体事業は、最大の収益源である「メモリー(記憶装置…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも