[PR]

 この秋に出版された児童書「戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり」では、米国と親交があったゆえに、複雑な立場に置かれた病院の戦中、戦後をつづりました。

 たとえば特高は、私や同僚の医師をスパイの嫌疑で取り調べ、患者を装って病院に出入りして私たちを監視していました。十字架の立っている塔には当時、宿直…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも