[PR]

 ■2度目の五輪、尊厳なき社会で

 「空も水も詩もない日本橋」。1964年の五輪に向けて都市改造が進むなかで、川の水は黒く淀(よど)み、上空を首都高速道路に覆われてしまった橋のことを開高健はそう書いた。

 そんな名作ルポ『ずばり東京』から約半世紀。本書は2度目の五輪を迎える東京を描く。埼玉県境に近い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも