[PR]

 <文庫>

 ●鶴見俊輔、関川夏央著『日本人は何を捨ててきたのか』 「悪党」を自称し、独創的な思想哲学をひらいた鶴見俊輔。明治の近代化が作り上げた日本には「個人」がないと言い、「思想の科学」などを通して時代へ応答した軌跡を、関川に語る。その半生と世界観、未来への提言の記録。

 (ちくま学芸文庫・12…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも