[PR]

 第28回東京国際映画祭は31日閉幕し、コンペティション部門最高賞の東京グランプリにはホベルト・ベリネール監督のブラジル映画「ニーゼ」が選ばれた。非人間的な精神疾患治療を排する闘いを続けてきた実在の精神科医ニーゼ・ダシルベイラの挑戦を描いた作品。女優賞も、ニーゼを演じたグロリア・ピレスに与えられた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも