[PR]

 結婚すると夫婦は同じ姓を名乗らなくてはならないとする民法の規定は、憲法が定める男女の平等や、「人格権」を侵すものか。結婚や家族のあり方に関わる大きな問題について、最高裁が近く初めて判断する。「女性の活躍推進」をうたう政府は、国際社会から改善を求められても夫婦別姓を認めない。歴史を振り返り、世論の動…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも