[PR]

 日本人に多い成人T細胞白血病(ATL)の発症につながる遺伝子異常の全体像を解明したと、京都大の小川誠司教授(腫瘍〈しゅよう〉生物学)らのチームが米科学誌ネイチャージェネティクスに発表した。患者約400人の細胞を使った網羅的な遺伝子解析の成果。新たな治療法の開発につながる可能性がある。

 ATLはウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも