[PR]

 六の三

 

 翌日宗助が眼を覚ますと、亜鉛張(トタンばり)の庇(ひさし)の上で寒い音がした。御米が襷掛(たすきがけ)のまま枕元へ来て、

 「さあ、もう時間よ」と注意したとき、彼はこの点滴の音を聞きながら、もう少し暖かい蒲団(ふとん)の中に温(ぬく)もっていたかった。けれども血色のよくない御米の、甲…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも