[PR]

 <問> 日本列島に仏教が伝わると、在来の神々への信仰もいろいろな影響を受けることになった。在来の神々への信仰と仏教の間には違いがあったにもかかわらず、両者の共存が可能となった理由について、60字以内で述べなさい。

 (2015年度、東京大学、改題)

 

 在来の神々への信仰と、伝来した仏教との融合(神仏習合)は早くも奈良時代から見られ、神宮寺の建立や神前読経が行われました。そして、現代においても、七五三など人生の節目には神社にお参りし、葬儀は仏式で行うというように、生と死の領域で両者はすみ分けられています。こうした「共存」が可能となった背景には、日本独特の宗教的風土がありました。

 ■神の一つとして

 中国・朝鮮半島を経由して日本列島に仏教がもたらされたのは、古墳時代後期の6世紀半ばのことです。当時のヤマト政権と密接な関係にあった百済の聖明王から仏像・経論が献上されると、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏による争いをへて、仏教は外国から渡来した神「蕃神(あだしくにのかみ)」として受容されます。

 豊かな自然に恵まれた日本の風土では古来、自然物や自然現象に神(霊魂)の存在を認めるアニミズ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも