[PR]

 内閣府が4日発表した10月の消費動向調査によると、家計の消費意欲を示す「消費者態度指数」は前月から上昇して41.5となり、2カ月ぶりに前月を上回った。基調判断は4カ月連続で「足踏みがみられる」とした。食品の値上げが少なかったことなどが、消費意欲の改善に影響した可能性があるという。

こんなニュースも