[PR]

 地に足がつかない。どこに所属しているのかもわからない。「市民」などというものは、しょせん「抽象的な幽霊」にすぎない。20年近く前、「市民が主役」を掲げて登場した旧民主党をそう批判したのは、中曽根康弘元首相だった▼地縁血縁や会社、組織のしがらみに埋没せず、自立して公共的なことがらに関わる個人。そうし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも