[PR]

 欧州宇宙機関(ESA)の彗星(すいせい)探査機「ロゼッタ」は現在、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星を周回しながら活動の盛衰を詳細に観測しています。人類が宇宙時代に入った1950年代以降、これほど彗星の生きた姿に肉薄した調査はありません。そのロゼッタが、彗星の核(本体)を包む大気(コマ)に酸素が分子の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも