[PR]

 国産主力ロケット「H2A」の改良型が、24日に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げられる。幅広い衛星に対応できるようにし、初の民間受注にこぎつけた。政府は宇宙ビジネスの強化に向けた民需の掘り起こしを目指しており、その試金石になる。

 搭載するのはカナダの企業の通信放送衛星で、赤道上空約3万6千キロの静止軌道に投入する。受注のポイントになったのが、種子島の不利な立地の克服だ。

 静止軌道は、地上からみた衛星の位置が変わらず、商業利用も多い。赤道付近から打ち上げると効率がよく、欧州のアリアン5ロケットは、ほぼ赤道直下から打ち上げる。これに対し種子島は、衛星が回る向きを大きく変える操作が要る。

 ■衛星の燃料、改良で節約

 これまでは打ち上げ約30分後の高度300キロほどで衛星を切り離し、衛星の燃料を使っていた。改良型では、衛星を載せたまま約4時間半飛行、静止軌道近くでロケットのエンジンを点火する方式に変えた。衛星は燃料を節約でき寿命を数年延ばせるという。搭載機器も増やせる。

 打ち上げは2007年から三菱重工業が請け負っている。改良はH2Aを開発した宇宙航空研究開発機構(JAXA…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも