[PR]

 特定秘密保護法の閣議決定を前にした2013年、会計検査院が内閣官房に対し、省庁から特定秘密を含む文書が提出されない恐れがあり、「憲法の規定上問題」と指摘していたことがわかった。内閣官房は従来通り検査に応じるよう省庁に通達を出すとしたが、同法成立後2年たっても出されていない。

 内閣官房内閣情報調…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも