[PR]

 オウム真理教が1995年に起こした東京都庁郵便小包爆発事件で、殺人未遂幇助(ほうじょ)の罪に問われた元信徒・菊地直子被告(44)を無罪とした東京高裁の判決を不服として、東京高検は最高裁に上告する方針を固めた模様だ。判決について、上告要件となる判例違反があったと判断したとみられる。

こんなニュースも