[PR]

 十一の三

 座敷へ来て見ると、御米は眉(まゆ)を寄せて、右の手で自分の肩を抑えながら、胸まで蒲団の外へ乗り出していた。宗助は殆んど器械的に、同じ所へ手を出した。そうして御米の抑えている上から、固く骨の角(かど)を攫(つか)んだ。

 「もう少し後(うしろ)の方」と御米が訴えるようにいった。宗助の手…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも