極端にいうと、「いかがわしさのカリスマ」を持った人でした。

 1960年ごろに雑誌が次々と刊行され、書き手を探していました。そこに野坂昭如、青島幸男、大橋巨泉、永六輔といった面々が登場した。彼らは放送作家やライターとして、裏方的にスターを作る側の人間でした。でも、だからこそ雑学が豊富で面白い話もた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも