[PR]

 東京電力は9日、福島第一原発の廃棄物処理建屋近くの地下坑道にたまっている汚染水の濃度が、1年前に比べ約4千倍に上昇したと発表した。建屋でためている高濃度汚染水が何らかの理由で流入した可能性も含め、原因を調べている。周辺の地下水の放射性物質濃度が上がっていないことなどから、外部には流出していないとし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも