[PR]

 12月に「東海道四谷怪談」の上演だが、「忠臣蔵」との縁を強調することで、この時季のものに引き寄せる趣向である。

 冒頭に鶴屋南北(市川染五郎)が登場、忠臣蔵と四谷怪談の関わりを、実演を交えて解説すると「浅草観音額堂」へ移る。珍しい「又之丞隠れ家」を出して小仏小平の筋を一貫させ、大詰めに討ち入りをみ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら