[PR]

 ■Reライフ 人生充実

 子どもたちが将来、相続手続きで困らないように、遺言書をつくるつもりです。自筆で書いても問題ないでしょうか。

 遺言書には、すべてを自分で書く「自筆証書遺言」と、公証役場で作成する「公正証書遺言」があります。

 自筆証書遺言の場合、いつでも無料で作成でき、相続が発生するまで内容を秘密にしておける利点があります。他方で法律上の様式を無視してつくると遺言としての効力が発生しませんし、保管中には紛失や盗難、改ざんのおそれもあります。

 また、死後に家庭裁判所による検認が必要なため、遺言の執行に時間がかかります。検認とは、相続人に対して遺言の内容を知らせ、遺言書の偽造や改ざんを防ぐための手続きのこと。関東地方に住むある中年男性の場合、友人から「不動産を遺贈する」という遺言書を預かっていましたが、友人の死後、検認を受けるための準備に手間取っている間に、相続人が不動産を処分してしまいました。

 このような問題点を考えると、家族にスムーズに財産を引き継がせたいと思うのなら、公正証書遺言の方が安心です。公証人という法律の専門家がつくるため、様式の不備で無効になる心配がなく、原本を公証役場で保管するので紛失や改ざんのおそれもありません。検認手続きも不要で、速やかに預貯金や不動産の相続手続きができます。

 また、自筆証書遺言は、遺言を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも