[PR]

 台湾総統選(1月16日投開票)と同時にある立法委員(国会議員)選で、昨年の学生運動などで盛り上がった市民の政治参加を背景に生まれた新政党が存在感を見せている。政権復帰が濃厚な最大野党・民進党と連携し、与党・国民党の包囲網を築いている。

 「ほぼ互角の戦いだと思う。当選の可能性はある」。台湾中部・…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも