[PR]

 華やかに、にぎやかに初春の東京では4座が歌舞伎で幕開けした。演劇評論家の天野道映氏と、早稲田大学教授の児玉竜一氏が舞台を評した。

 ◆玉三郎の矜持、松也の悲愁 演劇評論家・天野道映氏

 ■歌舞伎座

 昼「茨木」で玉三郎演じる「伯母真柴実は茨木童子」が素晴らしい。茨木童子とは羅生門で渡辺綱(松緑)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも