[PR]

 経済交流が活発化しているミャンマーが労働力の「供給地」として脚光を浴びている。日本もミャンマーに注目していて、技能実習制度での受け入れが1年半で10倍以上に増え、他国と人材を奪いあう。ただ、働き手が低待遇になりがちな実習制度はほころびが目立つ。「あこがれの国、日本」というブランドは、もはや通用しな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも