[PR]

 航空機や自動車の軽量化に欠かせない炭素繊維の生産に必要なエネルギーを半分に減らし、生産性を10倍に上げられるつくり方を新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが開発した。1959年に日本人が発見した現行の製造法以来、新製法の開発は約60年ぶり。実用化されれば、炭素繊維の市場が大きく広がる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも