[PR]

 2011年に経営破綻(はたん)した「安愚楽(あぐら)牧場」による和牛商法事件の被害対策弁護団が消費者庁の文書の開示を求めた訴訟で、東京地裁(増田稔裁判長)は14日、不開示とした同庁の決定を取り消す判決を言い渡した。同庁が対応を怠ったとして、1800人以上が国に賠償を求めて提訴しており、弁護団は同庁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも