[PR]

 自民党の男性衆院議員の「育休宣言」をめぐり、賛否両論が巻き起こっている。議員が率先して育休を取れば、社会でも理解が深まるという期待感の一方、有権者の一票を託されたのに長期間休むのはおかしいとの批判もある。育休の是非だけでなく、「国会議員とは何か」を問い直す契機にもなりそうだ。

 「少子化が進む中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも