[PR]

 遺伝子の情報からたんぱく質を作るのに重要な役割を果たす「メッセンジャーRNA(mRNA)」を変形性ひざ関節症の治療薬として使う実験にマウスで成功したと、東京大のチームが発表した。独自に開発した極微のカプセルに入れて注射することで、mRNAを細胞内で狙い通りに働かせることができた。mRNAを使った新…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも