[PR]

 豊穣(ほうじょう)にして哀切な言葉と美空ひばりの劇中歌。繁栄の陰にある被差別への怒り。秋元松代作、蜷川幸雄演出の「元禄港歌」は、愛の情感で客席の心を揺さぶり、社会の暗部へと目を向かわせる。初演から36年。古典が持つ根源の力に似た命がある。

 愛別離苦。江戸時代の交易で賑(にぎ)わう港の大店(おおだ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも