[PR]

 ■雷蔵の道鏡、すごみと重み

 女帝の称徳天皇から寵愛(ちょうあい)され、法王にまで上り詰めた奈良時代の怪僧・弓削(ゆげの)道鏡を題材にした映画です。衣笠監督の道鏡は、蓬髪(ほうはつ)に黒衣装束の異形ながら、修行で身につけた法力で庶民を助け、政(まつりごと)はハートで行うのだと気を吐き、伝わってい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも