[PR]

 鉄道の旅はローカル色あふれる駅弁との出会いの旅である。通説では1885年7月、宇都宮駅で地元の旅館が、ごま塩をまぶしたおにぎり2個とたくわんを竹の皮で包み、販売したのが駅弁の始まりとされる。

 その宇都宮で、営業を続けているのが老舗の「松廼家(まつのや)」だ。茶飯の上に鶏そぼろや照り焼きが載った「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも