[PR]

 十七の二

 その夜(よ)宗助は家に帰って御米の顔を見るや否や、

 「少し具合が悪いから、すぐ寐よう」といって、火鉢(ひばち)に倚(よ)りながら、帰を待ち受けていた御米を驚ろかした。

 「どうなすったの」と御米は眼を上げて宗助を眺めた。宗助は其所(そこ)に突っ立っていた。

 宗助が外から帰って来て…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも