[PR]

 今では灰色やグレーという言い方が目立つが、昭和の子はもっぱら「ねずみ色」だった。そのねずみ色だが、渋さが好まれて、茶色とともに江戸の着物に大流行した。「四十八茶百鼠(しじゅうはっちゃひゃくねずみ)」といわれ、濃淡あれこれ、微妙で多彩な色調があったという▼呼び名も粋だ。利休(りきゅう)鼠は緑色を帯び…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも