[PR]

 ■歌い継がれる

 15日深夜の「ラジオ深夜便」(ラジオ第1)で「しあわせ運べるように」を聴いた。この歌は阪神淡路大震災で被災し、勤め先の小学校も避難所になった音楽教員の臼井真先生が作詞作曲。その後の新潟中越地震や東日本大震災でも、歌詞の「神戸」をその地名に入れ替えて歌われているそうだ。私は同番組で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも