[PR]

 衆院議長の諮問機関が答申した選挙制度改革案をめぐり、自民党が議長に回答する対案をまとめた。小選挙区の「一票の格差」を2倍未満に保つため、選挙区割りの見直し実施を現行の10年ごとから5年ごとに縮める。比例区は東京と南関東ブロックを1増、東北と九州ブロックを1減し、2増2減とする。定数削減は先送りする…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら

こんなニュースも