[PR]

 新党改革の荒井広幸代表は29日の記者会見で、昨年成立した安全保障関連法について、自衛隊を海外に派遣する際の国会の関与を強化するため、同法の改正をめざす考えを示した。民主党と維新の党が、同法の廃止法案を国会に提出することに対抗する狙いがある。

こんなニュースも