[PR]

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催によって、東京都内で824億円の経済波及効果が生まれるとの試算を都が29日、明らかにした。試算は14年に続き2度目。新国立競技場をめぐるこの間のゴタゴタで、新競技場の完成がW杯に間に合わなくなったため、42億円を失った計算だ。

こんなニュースも