[PR]

 世界保健機関(WHO)は28日、南米と北米の両大陸で広まっている感染症「ジカ熱」の感染者が今後1年間で「300万から400万人」と爆発的に増加する可能性を警告した。

 ジカ熱は、ネッタイシマカがジカウイルスを媒介し、発症すると発熱や発疹、結膜炎などの症状が2日から7日間続くとされる。深刻なのは、妊…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも