[PR]

 来月15日に発表される昨年10~12月期の実質国内総生産(GDP)について、民間シンクタンク13社の予測が出そろった。全社が2四半期ぶりのマイナス成長を見込んでおり、平均は前期比で年率1・5%減。消費の低迷が続き、中国経済の減速などを背景に設備投資や輸出の伸びも鈍いことから、景気の足踏みが続いてい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも